OAKSヘラクレス産卵セット

横浜KUWATAにてお迎えしたヘラヘラのペアリングをしてから1週間ほど経過しましたので、産卵セットに投入です!

使った種親やマットに関しては下記となります。

産卵セット詳細

ケース:24Lバルクボックス
マット:ダイナスマスターズ 産卵マット30L
加水:適度(おだんごできる程度)
固さ:ぎゅうぎゅう詰めで8割、残り2割をふわっと
温度:22度~23度
湿度:60%程度
その他:表面分に足場材を少々追加

これまでの観察経過を記録します。

最初の1週間

まず最初の1週間ですが、すぐにマットに潜って爆産だ!と思っていたのですが、全然潜りません・・・
エサをかじっていたり、ケースの蓋によじ登ってわちゃわちゃしているだけという状況が3日ほど続きました。

スポンサーリンク

むむ温度が低いぞ!

なんでこのような状況なのか?色々観察していると、うちのブリード部屋はエアコン管理の1.5坪の部屋なので、部屋全体の温度が一定に保たれていると思い込んでいました。
ところが、足元が寒いなという事に気付き、急いで温度計の位置を変えてみると・・・
棚の下段と上段で3度近く温度差がありました。
そしてヘラクレスの産卵セットは重量があるため棚の下段に置いており、その温度はおよそ20度となっていました・・・
これではいけないと棚の上段にお引越し、その場所では常に24度から25度をキープしています。

それでも潜らない

温度を修正して、3日ほど経過しましたが潜りません。
うーーーむ、これがハズレ♀ってやつなんですか?!と不安に。
しかし、交尾も確認していますし後食開始してから一日に18gのゼリー1個をペロリと食べるくらいになってからの交尾でしたので上手くいってるはず・・・
もう少し様子を見ます。

2週間目

2週間目に入って変化が現れました。メスがマットに潜り始めました!2週間目の最初の2日ほどはマットに潜ったり出て来てはエサを大量に食べたりという感じでした。
2週間目後半ではマットに潜ってから地上に姿を現さなくなってきました。
これは産んでいるんじゃないでしょうか!
期待が高まります。

ということで、2週間目経過した時点で産んでいそうな雰囲気は感じています。
あともう1週間経過したら次の産卵セットに移してみようと思います。
2セット目はマットを変えて挑戦する予定です。
ついでに♀をもう1頭追加しようと考えています。
当面の目標はヘラクレスを500頭ほど管理する事を勝手に掲げています(笑)。
やはり遺伝学的に見ても、サンプルが多ければ多いほど多様性は増しますので、大きな個体や太い個体というのが発現する確率が上がりますからね。

スポンサーリンク
おすすめの記事