タランドゥスオオツヤクワガタ割出とその後

材産卵で幼虫と卵を盛大につぶしてしまっていたタランドゥス・・・

次のセットは菌床ボトルで組み、無事に幼虫が孵化しました!
今回はタランドゥスの産卵ボトル割出を行いました。

割出はもちろんノコギリ!

ババオウゴンの割出投稿にも書いたノコギリを使った割出を今回も行いました。
このノコギリ割出最高ですね・・・
割出のストレスがほとんどございません。
かつ、幼虫をつぶしてしまうリスクが非常に少なくできると思います。

割出結果

割出を行った結果、幼虫が7頭取れました!
1600ccの大夢Kを使っての産卵セットでしたが、十分な数が取れたと思います。
取れた幼虫は神永きのこ園のEカワラを詰めたボトルと大夢Kのプリンカップに投入しました。

♀は次のセットへ

♀の方はしばらく前から次のセットに入れていますが、こちらが産んでいるのやら産んでないのやらという状況です。
次のセットはミニケースに大夢Kの菌糸を詰めたものを使ってみたのですが、正直あまり反応が良くないような気がします。
菌糸の詰め方が悪いのかもしれないですが、どうも穿孔の様子からして削りカスがあまり出ておらず卵の姿も発見できないという状況になっています。
やはりボトルを転がすタイプの産卵セットの方が結果良いのかもしれません。
♀があがってきたら改めてボトルでのセットを組んでみようと思います。

スポンサーリンク

ケースは失敗?

ケースに詰めた菌床を使っての産卵セットでは全然産卵してる様子がなかったので、♀を取り出して1週間ほど餌をさんざんあげています。
次セットでは成功した菌床ボトルの方で再トライしていこうと思います。
まだ、♀が元気そうですのでラストチャンス・トライかと踏んでます!

スポンサーリンク
おすすめの記事