マルガリータヒナカブト無精卵だった可能性

無精卵だった?

2019年年明けよりペアリング・産卵セット投入をしていたマルガリータヒナカブトです。
前回記事では29卵の採卵に成功したと大盛り上がりしておりました。

しかし!採卵から数日経過していますが、まだ孵化した卵がゼロという状況。
ついでにカビ?らしきものが生えてしまった卵が2個ほど・・・
これはもしかして無精卵だったのでは?と不安になってきました。
卵も細長い楕円系から丸く膨らんでくる様子がまだ見られておりません。

再度ペアリング

もう少し時間を置けば普通に孵化してくる可能性ももちろんあると思います。
最初のセットでは全てが有精卵で出てくるわけではなく無精卵も混じってくる事は良くあるようですし。
しかし、万が一ペアリングが上手くいってなかったとしたら寿命的にも不安です。
しかも♂の方が後ろ足2本がもう動かなくなってきており、寿命が近い雰囲気・・
そこでもう一度ペアリングしておく事にしました。
まだまだ♀の方は元気ですので、あと2週間は産卵行動できる感じがしていますし、出来る事はやっておく作戦にしました。
2回目のペアリングもすぐに開始しましたね。
1回目の時よりも♂が必死な感じがしました。やはり死期が近いので最後の力を振り絞っている感じでしょうか。
♀の背中に乗せると、あれよあれよと交尾を開始しました。

再度セットへ投入

ペアリングは30分くらいで終了、その後♀をセットへ再投入しました。
ここまでの経緯を纏めてみます。

これまでの経緯
2018/12/15 ♂後食開始
2018/12/23 ♀後食開始
2019/01/03 1回目のペアリング+セット投入
2019/01/15 1セット目割出(29卵採卵)+2セット目に投入
2019/01/20 2回目のペアリング+2セット目に戻し

♂が後食開始して大体1か月ほどですね。1か月経過してくるとフセツが弱ったりしてくるようです。まだまだ元気そうな感じもするのですが、あと1か月は持たないかなという感じです。
この感じでいくと、♀の方も2月の1週目くらいまで産み続けてくれたら良い方なんですかね。
とりあえず再ペアリングもしましたので、やれる事はやったかなと。
後は追加でたくさん採卵できること、そしてしっかり孵化する事を祈るばかりですね。
マルガリータは是非累代していきたいので、失敗したくないと思えば思うほど失敗しそうで怖いです(笑)。

2回目割り出し

再ペアリングの翌日に2回目の割り出しをしておきました。
結果はなんと10卵、産んではいるんですよね。

しかしこちらも無精卵の予感です。
再ペアリングが功を奏して、あと4〜5日後に予定している3回目の割り出しではいい感じの卵を採卵できることを祈るばかりです。

おすすめの記事