タランドゥスオオツヤクワガタ幼虫潰し・卵腐る

タランドゥスの産卵セットを勢いで割り出してみたのですが、なんと幼虫を1頭ツブシてしまいました・・・

合計産卵数は7個ほど

以前の記事でタランドゥスの産卵セットについて書いておりました。

カワラ材を使った産卵セットを組んでおりまして、穿孔してからけっこう時間が経過しましので♀を次のセットに移す事も考えてセットの割出を行いました。
穿孔していた穴を中心に材を剥ぎ取りますと、まず♀が出てきました。
♀はそのまま次のセットに入れています。
次のセットはカワラ材ではなく、カワラ菌糸瓶を使用することにしました。
この際、卵を2個確認しております。

このまましばらく放置しておいたのですが、卵の色がどんどんと悪くなってきました。
いてもたってもおられず、卵をティッシュの上に移動した上で材をさらに割り出してみました。
すると、卵が2個、3個と出てきました。
しかしどれも色が悪く孵化はできなそうです。

幼虫・・・

そしてさらに割っていくと、「ぷちっ」・・・・
やってしまいましたーーー。貴重な幼虫をつぶしてしまいました。
これは相当にショックです。
やっと出会えた命を自分で潰してしまうとは・・・
もう泣きそうなので、そっと材を戻して終了しました。

反省

今回はもう反省しかないのですが、割出は焦らない事が大事ですね。絶対に幼虫になってからの割出にします。
あとは、材産卵をできるだけ避けて菌糸瓶での産卵を検討します。
菌糸瓶ですと幼虫の居場所も見えやすいですし、割出もし易いでしょう。
もう本当に反省しました。

おすすめの記事