2019NAL2ライン【FFUB系-Amazonico系】産卵結果報告

2019年に入って組んだ2ライン目のDH・ヘラクレスですが、残念なお知らせとなります。

産卵結果ゼロ

結果としては最初に少しだけ産卵しましたが、孵化した幼虫はゼロ。
それ以降は産卵すらしないまま♀が☆となりました・・・

考察

このラインは完全に爆死したわけですが、なぜこのような結果になってしまったのか考察しておきます。

マットの適合

今回使ったマットはおなじみマスターズのBeetleマットです。このマットが悪かった、という可能性ですがほぼ無いと思われます。
他のラインではしっかり幼虫が取れていますので、あるとすれば個体との相性が悪かった可能性くらいでしょうか。
いずれにしても可能性は低いと考察します。

ペアリングの失敗

これは可能性があると思ってる点ですね。このラインはハンドペアリングが普通に成功したと思ったのですが、実は上手く掛かっていなかったという可能性もあるかと思います。
何度か再ペアリングも試みたのですが♀が逃げ回ってしまい、失敗。
最後は2~3日同居させてみたところ、♀が☆になっていました。
♂に追い掛け回されて弱ってしまったのでしょうか、可愛そうな事をしてしまいました。

♀がハズレ

これも大いに可能性がある要素です。個人的にはこれじゃないかと思っています。と言うのも、同じ♂を使った別ラインでは普通に幼虫が取れているためです。
この時点で♂の生殖能力には問題がありません。
また、ペアリングも目の前で40~50分はやっていましたのでまず成功していると思っています。
そのため♀の方の生殖能力に問題があった可能性が一番高いかなと思っています。

まとめ

このラインは見事に失敗してしまいました。
考察した結果から対応策を出すのも難しそうです。
そういう事もある。という事ですかね。
ヘラヘラのブリードは簡単なんて話が良く書かれていますが、そんな事ないですね。
全く産まない場合も普通にあるという事がハッキリ実感できました。

スポンサーリンク
おすすめの記事