0FRUA♀が星になりました

2019年最初のラインとして活躍頂いた0FRUAの♀がこの度☆になりました。
昨年のイベントでお迎えしてからたくさんの幼虫を残してくれました。
お疲れさまでした。

2019NAL1ライン

今回、☆になった0FRUAを使ったラインは下記となっております。

2019NAL1ライン詳細
♂:150mm FFUB67-0FC680F
♀:63.5mm 0FRUA

この組み合わせにはけっこう次世代での素敵な個体を期待しています。
どちらの個体もhirokA系とリバーフィールド系の血統背景を持っていますし、♂個体はサイズはそれほど大きくないのですが胸角が非常に太く綺麗な個体です。
また、♀の方についてもこの♀の親♂が非常に綺麗で格好良い個体なんですね。162mmとサイズも申し分なしですので次世代での表現型に期待しちゃうというわけです。
産卵セットへは合計およそ3か月ほど入ってもらっていました。
爆産とはなりませんでしたが、幼虫が30頭ほど取れる結果となりました。

結果
卵:45程
幼虫:30弱

孵化率の方もめちゃめちゃ高いという事はありませんが、元気に育っている幼虫が30頭弱ほど居る状況です。
このラインで得られた幼虫は全て羽化まで自分自身で飼育しようと思っています。

生き物を扱っているという事

ちょっと話はそれてしまいますが、今回♀が☆になったという事で改めて生き物を扱っているという事について色々と考えました。
この度☆になった♀については庭に埋葬したのですが、やはり命が終わるというのは寂しさを感じますね。

この♀は30頭ほどの子孫を残してくれましたので、その命を大切に次の代に繋いでいけるように責任を持って飼育する事が大事なのかなと思います。
他の飼育者の方に色々な方法・媒体を通じて生体がわたっていく事も多々あるとは思いますが、渡った先でも大切に飼育される事を願うばかりです。

卵から幼虫・成虫へと成長していく姿を身近で観察できる事はとても貴重な体験ですし、ワクワクします。
このような体験は昆虫達の命を通して得られているんだなあと、改めて思いました。

という良く分からない話になってしまいましたが(笑)。
引き続きしっかりと飼育・管理していきたいと思います!

クワカブ飼育にもっと投資したい方へ

本記事を最後までお読み頂きありがとうございます。
最後に、クワカブ飼育という趣味がもっと盛り上がる事を願って1つアイデアを紹介させて頂きます。

おすすめのアイデア紹介

クワカブ飼育をする上で増種や飼育設備拡張に、ある程度まとまった資金が欲しい・・・・

僕はクワカブ飼育を始める時にそんな悩みを持っていました。
以下の記事ではクワカブ飼育のための資金を稼ぐ方法について紹介しています。

1日作業をすれば数万円は稼げます。
実践するかはともかく、この方法を知らないのは損ですので宜しければ読んでみてください!

この趣味が盛り上がるためにも、
より多くの方がクワカブ飼育に熱意と資金を投資できる事を願っています!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事