【書籍レビュー】外国産クワガタ・カブトムシ飼育大図鑑

少し前に出版された本ですが、Amazonで中古を購入しましたのでレビューします。

基本情報

・出版年:
・筆者:
・ページ数:

情報量はかなり充実

日本のクワガタやカブトムシに関する記載はありませんが、外国産についてはかなりの量のデータが載っています。
写真も綺麗ですし、眺めているだけでも楽しい1冊です。
知らない、聞いたこともない種類のクワカブも掲載されていて勉強になります。

飼育方法についてもけっこう詳しく掲載されていてとても参考になりますね。
タランドゥスやオウゴンオニの飼育についてもしっかり記載があります。

基本的には図鑑ですので、写真が大量にあってそれぞれの種についてデータが載っている書籍なのですが、上記したように飼育ポイントも記載があります。
また、海外での生育環境についても記載が充実しており本来の生体の暮らしを想像できるようになっています。
この本を読むことで花の蜜を食べるクワガタがいることを知りました。

アップデート版を出して欲しい

やはり書籍自体が少し古いですので、アップデートして欲しい点もありますね。
例えば、ウエストウッディに関しても完全に幻扱いで、累代方法は確率されていないという記載になっています。

しかし、2018年現在では累代されているブリーダーさんは多数いるかと思います。

この辺の情報をアップデートした本書のアップデート版を出して欲しいですねー
8000円くらいまでなら買いますよ私は笑

品種の読み方がわからない

図鑑なのでガッツリ学名記載になっているのですが、読み方が書いてないので読めない品種が多発します笑

まあ別に気にならないと言えば気にならないのですが、読めないから覚えられないんですよね。読みを振って欲しいなーというのが本音です。

ちょっと年代は古いですが持っていて損の無い1冊

情報の古さについては上記した通りなのですが、それでもやはり価値のある1冊です。こういった書籍に生の生きた情報を付与したようなコンテンツが出てきたら相当面白いと思います
現代はネット社会ですから、そういった面白いコンテンツ展開なんかも考えてみたいです。

おすすめの記事