ルミナスラックを導入したのでレビュー

飼育部屋にメタルラックを導入しました!
アイリスオーヤマをはじめ、いくつかのメーカから出てるメタルラックですが「ルミナスラック」を選択しました。
選択理由含め、使用感など紹介してみようと思います。

選定基準

飼育部屋にメタルラックを入れようという運びになったわけですが、理由として一番大きいのが空間を100%使い切れていない事への不満でした。
無駄な空間を作ってしまっており、収納性能が発揮できていなかったわけです。
そこでぴったりハマるメタルラックを導入したいなと考えました。
そんな前提を含めて、選定基準としては下記をあげました。

ラック選定基準
①サイズがジャスト
我が家の飼育部屋は大体下記のような空間になっています。3畳と小さいスペースではありますが、天井もそこそこ高いのでそれなりの数を飼育・管理可能と考えています。
ここにラックを4台構成で考えますので、そうすると下記のようなイメージに。
このサイズ感でぴったりくる製品展開がある事が絶対条件となりました。

②強度
続いて強度ですが、一回買ったら一生使いたいくらいの勢いですので強度とサビへの耐性は気にしたいところです。

③価格
最後に価格ですが、あまりにも高額なのはちょっとコスト的に厳しいですので大体1台あたり1万円くらいを予算に設定しました。

ルミナスラックの使用感

選定基準に沿って、製品を色々と調べた結果「ルミナスラック」に辿りつきました。
ルミナスラックに決めた理由ですが、

選定理由
①サイズ展開が豊富
縦のポール長、棚板のサイズ、その他付属品についても展開が豊富で選択肢が広いです。

②強度のバリエーションが複数ある
ルミナスラックはユーザのニーズに合わせて複数の強度レベルを用意しています。今回我が家に導入したのは棚板1枚あたり80㎏まで耐えらえるモデルですが、他にも数種類のバリエーションが用意されています。また、サビへの耐性をアピールしてるメーカーです。

③価格については少し高め、でも予算内
価格については少し高めでした、今回導入したラックだと1台あたり1万円を少し出るくらい。でもまあ予算ちょいオーバーくらいでしたので予算内であると判断しました!

では、実際に使ってみた所感を

スポンサーリンク

組立が楽

まず、組み立てが楽です。ポール接続はネジが切ってあるのでそれに沿って回すだけですし、棚板の取り付け位置についてもマークがありますので迷う事はなかったです。女性だけでも余裕で組み立て可能です。

取り回し

けっこう軽いです。下にローラーを装着できますので、そうすると問題なく移動できます。

見た目

高級感があって綺麗ですね。ツヤッツヤです、タランドゥスみたいです(笑)。

積載例

我が家での積載例として下記に画像を少しだけ。
ヘラクレスを中心に飼育する事を考えてケースを選択しています。
♂:QBOX20
♀:クリアペットの1600cc
その他幼虫:クリアペット1600㏄

基本的にあまり成虫を管理するつもりはなく、幼虫がメインになりますのでケースはこんな感じですね。
あとは産卵セットが24Lのバルクボックスを用意しています。
こちらのルミナスラックであれば、6段のラックでQBOX20が150個近く入ります。クリアペット1600ccだと1段あたり60個近く入りますね。結構な数を積載可能です。

まとめ

飼育部屋で使うメタルラック選びは一度導入してしまうと、なかなか交換というのは大変だと思います。最初にどのラックを選ぶかはけっこう重要ですので、色々と悩まれるかと思います。
ルミナスラック・・・おすすめです!拡張性も高く、オプションが多いので状況に応じてカスタムできる幅が広いのもいいですね。
少し値段は高いですが、強度を含めた品質的には十分満足のいくラックかと思います。

おすすめの記事