2019春-横浜KUWATA

今回はイベントネタになります。
2019年4月に開催されました横浜KUWATAに参戦してきましたので、その後報告記事となります。

今回のKUWATA

今回のKUWATAは横浜開催ですね。場所はいつも通り、桜木町駅から徒歩でいける日石横浜ビルとなります。
思えば、一番最初に参加したクワガタカブトイベントは横浜KUWATAでした。いやー、1年も経過していないですが懐かしいですね。
KUWATAの概要については下記記事でちょっと詳しめに書いていますので知らない方はぜひ目を通してみてください。

この度は一人ではございません

最近はブリーダーの友人が少しずつ増えておりまして、非常に楽しく過ごさせてもらっています。みなさん大変誠実で優しい方達ばかりで、仲良くしてもらって感謝の気持ちで一杯です。
今回もそんなブリーダーの友人たちと一緒に開場待ちをする事ができましたので、寂しい思いをする事もなく(笑)。

朝7:30より整列

今回も先行入場のためのチケットを事前にゲットするため、整列しました。
到着したのは朝7:30頃、もらったチケットは78番でした。
少し前から、KUWATAでは前日に無理な整列をしないようにとの配慮から目玉商品のお披露目タイミングを開場20分後に固定し、そのかわりに先行入場者が参加できる抽選会を設けています。
これのおかげで私自身も無理に10番以内に並ぼうとかの気持ちは持たなくなっています。
健康面・リスク面で考えても良い取組だなと感じています。

12時開場

チケットをもらってからはカフェでダラダラとムシの話をして暇をつぶしていました。そしていよいよ開場です。
毎回思うのですが、この開場タイミングってなんでこんなドキドキするんですかね(笑)。
なんだか妙な緊張感があるんですよね。

13時過ぎに撤退

今回は家族都合もあり、ちょっと早めに帰る必要がありましたので抽選権はブリーダーの友人に託して、一足先に帰宅しました。
※その後、結果を聞くと外れたそうです(笑)

戦利品

それでは今回の戦利品を紹介させて頂きたいと思います。

トルコ産ユダイクスミヤマ♀×2頭

後食を開始したユダイクスミヤマぺアがいますので、♀を補強しました。
今回お迎えした♀は昨年の秋頃羽化の未後食個体です。そのため、下手するとブリード可能になった頃に手持ちの♂が☆になっている可能性もあります・・・

その時は友人に♂個体をお借りしようかなあ、などと勝手な事を考えています。
しかし非常にリーズナブルな値段で購入する事ができました。
どの種類もそうですが、♀が高いんですよね。
まあ当たり前ではあるのですが、♀は何頭いても困らないですからね。
良い♂は1頭で良く、その相手となる♀は3頭4頭欲しいなと思いますので♀の価格はどうしても高くなっている気がします。
これで現在のユダイクス構成は♂♀♀♀となりましたので爆産コースでお願いしたいものです。

パプアキンイロクワガタ特殊カラー♂♀♀トリオ

続いて、増種となります。パプキンです。
ニジイロクワガタやこのパプキン、あとはメタリフェルホソアカなどは色虫と呼ばれるジャンルですね。
名前の通り非常に面白いカラーをしているわけです。
今回お迎えしたのはパプキンの中でもパープル系の特殊カラーです。
ブリードはさほどハードルは高くないようですが、気を抜かずに丁寧な管理を心掛けたいと思います。

素敵なカラーのパプキンをたくさん出せればいいなあと思います。

【頂きもの】Amazonico神聖直子血統ペア

ここからは頂きものコーナーです(笑)。頂いてしまっていいのかなというくらい素敵な個体ばかりで、大変感謝です。大切に飼育させて頂きます。
まずは、ヘラ・ヘラですね。
現在ギネスホルダーとなっているAmazonico血統の神聖(そういう名前の大型個体)の直子である♀を含むペアとなります。

♂は148mmとさほど大きさはありませんが、遺伝背景としては次世代に期待できる個体たちだと思います。
スペースの関係上、子孫を全て我が家で羽化させるのは難しいですが大切に飼育させて頂きます。

【頂きもの】ゴロファ・アエゴンペア

続いて、ゴロファ・アエゴンのペアです。このアエゴンはポルテリに続いて大きくなるタイプのゴロファ種のようです。

以前から、ゴロファ種には魅力を感じておりまして機会があれば是非やってみたいなと思っていたところ、まさかの頂けるという奇跡的な御話。
何かの形で恩返しはさせて頂こうと思います。
こちらの個体たちについても、ヘラヘラ同様に大切に飼育・ブリードしていきます。

総括

今回のKUWATA、大変収穫のあるイベントとなりました。生体もそうですが、人とのつながりがまた少し増えた事も非常に嬉しい収穫です。
実際に飼育されている方の生のアドバイスをもらえるというのはとても価値がありますね。自分自身も飼育を通して成功した事や、失敗した事をこのブログでの投稿を含めまして発信できればと思いました。

スポンサーリンク
おすすめの記事